壊れて使えない大きな電気マットを自分で処分する方法

P1210035

我が家に壊れて使えなくなった電気マットがありました。
通常では大型ゴミとしてゴミ処理場に持ち込むか、有料で回収してもらうしかありません。

たった一つのゴミで遠方まで出かけるのも手間がかかるので、解体して家庭ごみに出すことにしました。

用意するもの

P1210050

「カッターナイフ」「+ドライバー」の2点です。

金切ハサミが写っていますが、今回は使いませんでした。

解体手順

P1210038

1.カッターナイフでマットを適当な大きさに切り分けます。

マットに切り込みを入れると、すんなり刃が入りました。

P1210040

内部には細い電気配線が通っているだけの簡素な造りです。ホコリやスポンジの粉が飛び散るので吸い込まない様に注意が必要です。

P1210046

2.マット中の配線全てを引き抜きます。

P1210048

3.制御コントローラーを分解し、「プラスチック」「基盤」「ネジ」に分けます。

P1210051

4.「プラスチック」「不燃ごみ」「資源ごみ(鉄)」に分けて作業終了です。

P1210049

あとがき

基盤について希少金属が使われている場合もあるので「不燃ごみ」では出さずリサイクル業者などに「持ち込み」または「発送する」と良いかもしれません。

使わない「パソコンモニター」「パソコン」「液晶テレビ」が同梱されていれば、送料無料(着払い発送)で回収してくれます。
※ 詳しく知りたい方は「パソコン 回収」で検索されてみてください。数キロ単位で処分される方は買い取って貰えたりもします。
例 : 家電基盤 約50円/1kg 、パソコン基板 約500円/1kg

私の場合は趣味の電子工作に使い回しています。

全ての作業が概ね20~30分ほどで終了しました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA