ネイキッドバイクのエアフィルターを交換しました。 スズキ GSX400

6万キロも走り疲労がたまっているインパルス整備の続きです。中古車メンテナンスの基本である「エアフィルター交換」「バッテリー交換」を実施しました。

プラグも交換したかったのですが、手持ちのプラグレンチでは交換することができなかった為、今回は見送りました。

個人売買は恐ろしい!不調バイクを買ってはいけないという話
前回の記事でお話ししましたが、スズキ インパルスというバイクを(格安で)もらって来ました。受け取った後の帰り道の話とバイクの個人売買...
スポンサーリンク

用意するもの

  • エアフィルター
  • バッテリー
  • ボックスレンチまたはメガネレンチ
  • プラスドライバー

20130524120922e38

交換手順

1.シートを取り外します。

バッテリーはすぐに見える箇所にあるので、プラス・マイナス端子を取り外し新品バッテリーに交換します。

2.燃料タンク後方のボルト2か所、エアフィルターの真上にあるステー(ボルト4か所)を取り外します。

201305241209230c9

3.エアフィルターを固定している4か所のネジを外し、エアフィルターを取り外します。

新旧比べると汚れ具合は一目瞭然、長年の汚れがたまって真っ黒でした。

2013052412092065f

4.新品エアフィルターを取り付けます。

私が購入したエアフィルターは社外品です。この製品は赤丸部分がエアクリーナーボックスに干渉して、そのままでは取り付けることができません。またネジ止め部分が純正品に比べて厚く、純正ネジでは短いので固定することができませんでした。ニッパーとカッターを使って削り、長いネジを別に用意してようやく取り付けることができました。

あとがき

純正部品と社外部品の差額は数百円ていどでしたが、社外部品を選んでしまった為に要した「時間」と「労力」を計算に入れると大幅なマイナスです。純正品に勝るものはありません。いい勉強になりました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA