FTR223のエアクリーナーカバーをつくろう!

我が家のFTR223はエアクリーナーをK&Nパワーフィルターに交換しています。パワーが上がり満足しているのですが、突然の雨に降られるとフィルター内に水が浸入します。最悪の場合はエンジン内にも入ってしまうかもしれません。

そういった雨を防ぐ商品がキジマから販売されています。一部分をカバーする「アルミ製レインガード」やフィルター全体をスッポリ覆う「プロテクション」といったものがあります。今回は「アルミ製レインガード」をお手本に自身でつくってみました。

スポンサーリンク

用意するもの

crm121114-01

  • アルミ板
  • タイラップ大(結束バンド)
  • 金切りハサミ
  • 千枚通し(きり)

百円均一で「アルミ板」と「大型タイラップ(結束バンド)」を購入します。アルミ板を裁断するための「金切りハサミ」と穴をあけるための「千枚通し」を別に用意しましょう。

作成に必要な材料や道具はすべて百円均一で揃えることができます。

作り方

1.パワーフィルターの大きさに合わせながら赤鉛筆やマジックなどでマーキングをしていき、切り出す型をとります。

20121115163219b84

2.型が決まったら金切りハサミで切り出します。

P1310280

3.余ったアルミ板を切り出したアルミ板の裏に貼り付けて全体が2重になるように貼り付けます。そうすることでカバーの強度を出すことが出来ます。裏面の継ぎ目や段差が気になったので、アルミテープを貼り付けてやりました。

4.千枚通しでタイラップを通す穴をあけます。

取り付け

20121115163237c15

タイラップ(大)でパワーフィルターに取り付けます。これで少々の雨にも心配することなく乗ることができます。

外観は安物感がぬぐえませんが、最低限の必要な機能は備えているので取りあえずこのまま使ってみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA