不動車再生!スズキ EPO リフレッシュ作戦 1日目(午後)

※この記事は2013年3月、旧ブログで書いたものです。

バイクを解体するために使用した工具はこちらっ!
殆どがホームセンターと百円均一で揃えたものばかりです。

このような精度の悪い(遊びが大きい)工具を使っていると、すぐにボルトの山をなめてしまいます。皆さんは精度の良い工具を揃えてください。

錆付いた箇所には特に「精度の良い工具」を使用しなければ、「あっ」という間にネジ山を舐めてしまいますよ。
(+3 ドライバーは必須工具です。)

気合を入れて解体していきますよー♪(・∀・)9
まずはタンクを外します。

コックをOFFに切り替え、コック固定ボルト・燃料ホースを外します。
タンク固定ボルト×2を外して、タンクを左右に振りながらずらしていくと

外れます。

内側は綺麗ですが、裏側は錆びだらけ。

次はマフラー。
ボルトをねじ切ってしまう箇所として筆頭に挙げられる場所です。

しっかりと浸透系スプレーを吹きます。
油が浸透するのを待っている間に

目につく

ボルトという

ボルトにも

スプレーを吹きかけておきました。

一周する頃には油が浸透し

難なくスルリとボルトが緩みました。ヾ(´▽`*)ゝ
大物の次は小物に移ります。

ボルト3つを緩めて、ライトを外します。
お次はハンドル。

思いのほか錆が酷く、交換が必要かもしれません。
一段落付いたので、ワイヤーブラシを片手に全体をチェックします。

ブラシで

擦っても擦っても

塗装は剥げて、下から錆が出てきます

ちょっと気が滅入ってきました。llllll(-_-;)llllll

気分を変えて、洗ってみる事にします。

油汚れに風呂用洗剤!

水は真っ黒。

状態の悪さがますますよく見えて、気分もがっくり落ち込みます。(ノ_-;)ハア…

気が付くとこれを引っ張りだしてきてペタペタやってました。
名付けて「隠ぺい作戦」。|||-_||| ・・・・

休日の12時間かけた作業とは思えませんが、これにて一日目終了です。

不動車再生!スズキ EPO リフレッシュ作戦 「解体」 2日目(昼)
※この記事は2013年3月、旧ブログで書いたものです。 本編 前日投げやりになり「隠ぺい作戦」を施したフレームがこちら。 ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA