フレーム錆取り エポ(EPO) リフレッシュ作戦 5日目(午前)

※この記事は2013年3月、旧ブログで書いたものです。

本来であれば「サンドブラスト」「ウェットブラスト」「グラインダーで表面処理」すべきところですが、そういった機材がない場合の処理の一例としてご覧ください。

作業を開始して5日目、本日は非番です。

小物にあれだけ手を入れたにも関わらず、フレームが適当でいいのか…。

いや、よくないっ!ヾ(`Д´*)

と自問自答し、フレームのミミズが這ったような錆を取り除くことにしました。

方法はただ一つ。
サンドペーパーで磨くのみ。(゚-゚;)ヾ(- -;)ホントウカイ?

用意するものは「水を張った洗面器」「耐水ペーパー」「ウエス」の3点。
手順は下記の通りです。

①サンドペーパーに水をつけて擦ります。
②擦ってでてきたサビや汚れをウエスで拭き取ります。
③指でなぞって凹凸が分からなくなるまで研磨します。
④ウエスで綺麗に吹き上げて終了。

320番で磨いても磨いても、サビが出てきます。

作業が終わったのは、昼過ぎでした。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

ヒートガンで大まかに乾燥させて、あとはお天道様にまかせます。
作業当日は天気もよく、バッチリ乾いてくれました。( ゚ー゚)g

タイムリミットまで残り1日半。
作業は全く進んでおらず散々な状態ですが、これから「塗装」「磨き」「組立て」「片付け」を行わなければなりません。

果たして間に合うのだろうか!!?
ш(´[]`)шオー  ш(´[]`)шマイ  ш(`[]´)шガー

次回はいよいよ上塗り塗装をお送りします。

レストアの醍醐味である塗装を満喫♪エポリフレッシュ作業 5日目(午後)
※この記事は2013年3月、旧ブログで書いたものです。 作業を開始して5日目、ここまでの道のりがとても長かったリフレッ...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA