オイルランプが点いて、セルが回らない。XJR400

クラッチを握っているにも関わらず、1速に入れセルを回すと
「オイルランプが点いて、セルモーターが回らない。」

もちろんニュートラルに切り替えると問題なく始動します。
この様な症状のXJRの整備を行いました。
P1190832
原因はクラッチスイッチ周りの接点不良と考えて分解清掃する事としました。
クラッチレバーの下に小さなスイッチが付いています。
プラスの皿ネジ一本で止まっているので取り外しは簡単。
P1190794
用意したのは「エーゼット 接点復活材」。
CRCなど浸透系スプレーでも代用は出来るのですが、
通電復活の確率と作業時間が大幅に向上します。
手元に一つ置いておきたい溶剤の一つとしてお勧めします。(*^o^*)
P1190800
汚れた接点も…
P1190802
シュッ!と一吹きでこの通り♪
P1190808
受け側も綺麗になりました。
P1190821
組上げ前に用意したのが、「エーゼット シリコングリース」。
P1190822
接触面に塗ることで、スイッチの動きはスムーズになり、部材の摩耗も防ぎます。
P1190827
分解した逆の手順で組み立てていき…
P1190830
完成~♪(* ̄∇ ̄)/OK!
スイッチを取り付け後、1速に入れた同条件で動作確認を行ったところ…
問題なくセルモーターが回りました。

呉工業 接点復活スプレー 220ml (1424)

呉工業 接点復活スプレー 220ml (1424)
価格:426円(税込、送料別)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA