簡単! 伸びてだらしないタンデムベルトの補修方法 XJR400

友人よりXJR400の整備を頼まれました。
依頼内容は必要な個所の消耗部品交換と不具合箇所の整備です。
今回はこの伸びきってしまったタンデムベルトの手直しを行いました。
タンデムベルトがない場合、法的に「二人乗りが出来ない」ので取り除くことはできません。
jP1190367
用意する工具は下記の通りです。
・ +ドライバー
・ -ドライバー
・ ハサミ又はカッターナイフ
・ ペンチ
・ 千枚通し
jP1190387
①+ドライバーでタンデムベルトの一方を取り外します。
jP1190388
裏側はツメの付いた金具で止めてあります。
jP1190395
②マイナスドライバーなどで金具のツメを起こします。
jP1190400
金具とタンデムベルトを外すとこんな感じ。
jP1190403
③余裕を持たせた位置に、千枚通しをもちいて新たに穴をあけます。
jP1190408
④ベルトの余分な部分をハサミで切り取り、ペンチなどで金具でカシメて固定します。
jP1190420
⑤タンデムベルトを取り付けて作業完了です。
jP1190428
如何でしょうか。
だらしなかったタンデムベルトが見栄えよくなりました。
作業時間はテレビを見ながら行っても30分程度で終わりました。
簡単リフレッシュ作業、お勧めですよ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA