ブレーキの遊びが増えてスカスカになる原因と解決方法。バイク整備

前回に引き続きXJR400の整備をお送りします。
取り掛かったのはリアブレーキ(ディスクブレーキ)です。
よく事故せずに走ってこれたな~と感心するほど、ブレーキレバーを踏み込んでもほぼ遊びでスカスカでした。
急制動をしたらジャックナイフすること間違いないでしょう。
ブレーキの遊びが増えてスカスカになる原因ですが、
答えはブレーキフルードが劣化していることです。
ブレーキフルードは 吸湿性が高いため、バイクに乗っていようがいまいが劣化していきます。
交換時期の目安は2年となっていますが、ご自身で作業される場合は1年ごとでもいいと思います。
今回はパッドとキャリパーピストンの清掃とブレーキオイルの交換を行いました。
pjoP1190445
XJR400のリザーブタンクは右サイドカバーを外した内側にあります。
pjoP1190446
キャップを外すとダイヤフラム(ゴム製の内蓋)が見えます。
pjoP1190448
パッと見るとフルードは汚れていない様に見えますが、新しいフルードと比べると…Σ(・口・)
pjoP1190450
あとはお馴染みブレーキフルード交換です。ブリードスクリューにメガネレンチとゴムホースをセットして①~③を繰り返します。
①.「スクリューを緩め→ブレーキレバーを踏み込み」
②.「スクリューからフルードが出てくるのを確認」
③.「スクリューを締め→ブレーキレバーを離す」
pjoP1190452
リザーブタンクが減ってきたら、新しいブレーキフルードを足してやります。
(ブレーキフルードはホームセンターでも200mLで500円、1L千円で売られています。)
pjoP1190455
ブリードスクリューから綺麗なフルードがでてきたら、フルード交換完了です。
作業終了後はキッチリとブレーキが効くようになりました。
同じ症状でお悩みの方、一度ブレーキフルードの交換をされてみては如何でしょう。
パッドとキャリパーピストンの清掃ですが写真を撮り忘れてしまいました。(;´Д`A “`

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA