日産 マーチ K12 ドア内張り 取り外し パワーウィンドウ 動き渋い

親父殿からの依頼で日産 マーチの軽整備行いました。
依頼内容は「パワーウィンドウの動きが渋い」といもの。
まずはドアの内張りを外します。
20130124164933733
① ↑の様にレバーとカバーの間にマイナス又はそれに順ずる物を差し込みます。
2013012416493402c
② くるりっと隙間を滑らすことでカバーが外れます。
※ マイナスドライバーを使用する場合は傷付けない様に注意。
20130124164935479
③ 後ろからマイナスを差し込み、持ち上げると…
201301241649350ad
④ こんな感じに外れます。
2013012416493646b
⑤ 配線コネクタ×②を取り外し…
201301241649571df
⑥ 内張りを固定している+ビス?ボルトを取り外します。
20130124164957d6c
⑦ 赤丸の6箇所に内張りクリップが付いていますので、1箇所ずつマイナスを突っ込みてこの原理で外します。
⑧ 全て外し終えたら、内張りを↑上へ持ち上げて取り外します。
20130124164958688
⑨ 窓とドアの隙間から駆動ワイヤーにグリススプレー&クレ5-56を満遍なく吹き付け→動作確認OK。
⑩ 後は逆の手順で元通りに戻します。
事前に取り外し手順を確認した為か、作業時間は15分足らずで案外簡単でした。
ただし冬は樹脂カバー&プラスチックパーツの爪が折れ易いのでご注意を!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA