スズキ バーグマン200 フロント ブレーキ パッド フルード (オイル) 交換

”ブレーキをかける度に「キー」という金属音がしませんか?”

その音はブレキーパッドの残量が少なくなっているサインです。”バイクショップに持ち込む”or”DIYでパッドを交換する”必要があります。

ブレーキフルード(オイル)は交換していますか?

ブレーキフルード”はバイクを停止させるための重要な働きを担っています。

エンジンオイルも大切ですが、ブレーキフルードの重要度はエンジンオイルよりも勝るかもしれません。”ブレーキが効かない=即 事故”ですからね。

ブレーキフルードは乗る乗らないに関わらず、年に一度は交換することをお勧めします。2年交換していない人は急いで交換してください。

特に注意するべきバイクは「たまにしか乗らず普段使いをしていない」「半年以上乗っていない」ものです。このような乗り方をしている方は、1年ごとのブレーキフルード交換をお勧めします。

ブレーキフルード(オイル)は、親水性に優れています。簡単に言うと「水分が溶けやすい」性質をもっています。バイクに乗る乗らない関係なく徐々にブレーキフルードは「空気中の水分を吸収している」のです。

その結果どうなるか。

通勤通学に使っているバイクであれば「ブレーキの効きが悪くなる」「酷い場合は、握り込んでもブレーキが効かなくなる」

5年以上乗っていないバイクであれば「ブレーキが固着する」「ブレーキが効いたままになり、バイクが動かなくなる」

などなどの現象が起こります。

著者自身がしっかりと経験してきた失敗談を少しずつ記事にしていくので楽しみに?していてください。

SUZUKI BURGMAN 200の第2弾、フロントブレーキパッド・ブレーキフルード(オイル)交換をお送りします。

※本記事では「スズキ サービスマニュアル」を手本として正しい情報を皆様に提供できるように心がけています。誤っている点がありましたら、コメントよりお知らせください。

スポンサーリンク

用意するもの

  • ブレーキフルード
  • ブレーキパッド
  • メガネorボックス レンチ
  • ヘキサゴン(六角)レンチ
  • 各種グリス
  • トルクレンチ
  • マーカーペン
  • ブレーキフルード吸い取り用注射器(100均)
  • 各サイズマイナスドライバー

ブレーキフルード・ブレーキパッド交換 手順

1.マスターシリンダーのリザーバータンク内の古いブレーキフルードを吸い取る。

※この手順はスズキ サービスマニュアルを遵守したものです。(➀は省略することも可能です)

2.ブレーキ”キャリパ”を取り外す前に、各種ボルトをあらかじめ緩めておく。バーグマンであれば4か所。

  • キャリパー固定ボルト:規定トルク 25N・m(2.6kg・m)
  • 六角ボルト:規定トルク 18N・m(1.8kg・m)

※「トルクレンチをもっていない」or「購入せずに済ませたい」方はボルトを緩める前にマーキングしておくと良いでしょう。

外しました。

3.ボルト類を取り外したら、古いブレーキパッド2枚を取り外します。その後に、ブラケットを引き抜きます。

取り外した古いパッドと新品パッドを比較しました。

ブレーキパッドの残量はほとんど残っていません。

4.ブレーキレバーを数回握り込み、ピストンを押し出します。

※サービスマニュアルではピストンを完全に取り外してシール部品なども全て交換するように指示がされています。

※本記事では取り外さない方法で済ませていますが、正しい手順ではありません。この方法では時間や手間もかかります。

汚れが残った状態でピストンを押し込むとシールをキズつける恐れがあります。

5.ピストンを「真鍮ブラシ」「歯ブラシ」「ウエス&ピカール」などを使い、徹底的にキレイに磨き上げます。

今回は1時間近くかけて細部までしっかりと磨き上げました。

6.ピストンを綺麗に磨き上げることが出来たら「キャリパーピストンコンプレッサー」を使って、ピストンを押し込みます。ディスクブレーキ「スプレッダー」「セパレーター」など呼び方は様々です。

「100均 F型クランプ or C型クランプ」などで代用しても構いません。

7.ブラケットの可動部にたっぷりとシリコーングリスを塗布します。

スムーズに動く様になりました。

8.新しいブレーキパッドを取り付けて組み付けます。

鳴き止めグリスを塗る画像がありませんでしたが、ブレーキパッドの裏側などにもシリコングリス系鳴き止めグリスを塗った上で組み付けて下さい。

フロントフォークとキャリパーを固定するボルトに、”ロックタイト(中強度)”を塗って締め付けます。サービスマニュアルには指示されていませんが、新品の純正ボルトにはロックタイトが塗られています。

キャリパー固定ボルト:規定トルク 25N・m(2.6kg・m)

9.リザーバータンク内に新しいブレーキフルードを満たします。

10.ブレーキレバーを握って操作し、ブレーキホース内とキャリパー内を新品のブレーキフルードに入れ替える。

11.エア抜きを行う。

おわり

すべてを取り付け後に、新しいブレーキフルードを注入して&エア抜きまで実施しました。

ブレーキの効きが”カッチリ”としたものになり「良く効くようになった」とバーグマンのオーナーさまより感想を頂きました。

ブレーキフルード交換は整備した効果をすぐに体感できる一番のポイントです。お勧めですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました