リアメンテナンススタンドを作ろう! 材料費はなんとワンコイン

バイク用メンテナンススタンド、それは大切なバイクを安定してリフトアップさせて、マシンの日々の疲れをねぎらってやる日常点検をする上で重要な作業工具です。

しかしメンテナンススタンドは、必要な強度および使い勝手のよい物を買うには1~2万円ほど要します。この経費をなんとか節約できないかと数年前に自作に挑戦しました。

用意するもの

ホームセンターで購入分

○ 2×4材 : 250円
○ ボルト65mm&ナット(6本セット) : 150円

百円均一で購入分

○ 鉄製プレート : 100円

合計 500円

20130508191043c2c

作業手順

① 鉄製プレートをサンダーで四等分して切り分けて、3分の1を直角に曲げます。

② 2×4材を30cmを2本、24.5cm~25cmを2本にノコギリで切り分けます。

③ 下の写真の様に、30cmの部材に2箇所、25cmの部材に1箇所木工用ドリルで穴を開けます。

IMG_6862

一脚分の部材は上の写真の通りです。

IMG_6873

台座となる木材(30cm)の物はボルトのアタマの分だけ穴を拡大して埋め込みます。こうすることで底面がフラットになります。

IMG_6878

床に置いた状態です。柱となる部材とプレートをボルトで固定します。

20130508191044d80

柱と底面となる部材をプレートとボルトで締め付けることでしっかりと固定することが出来ます。

IMG_6848

上の写真が一脚分完成したものです。写真により木材の状態が異なりますがご了承ください。綺麗な写真はスタンドを作成した当初のもので、古いものは4年経過した現在のものです。

20130512114749a7e

4年使用した現在でもしっかりとした強度を保ち、バイクのメンテナンスには役立っています。

20130508191041ca4

最後に

これまで様々なメンテナンススタンドを使ってきました。市販の物もしっかりと作られていてよかったのですが、諸事情などにより市販品は手放し、手元に残ったのは「バイクジャッキ」と「自作のメンテナンススタンド」だけとなりました。

自身が使いやすい道具を自分で作ってみるのも一つの楽しみかもしれません。この記事が皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA