バイクのマフラー塗装にこだわりたい方へ!純正色に近い塗料はこれだ!

黒い塗装がされた純正マフラーは、使用しているうちに錆びてしまいます。錆びてみすぼらしくなったマフラーの外見をよくするためには、錆びを取り塗装し直す必要があります。

これまで錆びて腐食したマフラーをグラインダーで表面処理しては、市販の耐熱スプレーを試してきました。
純正色に近いスプレー塗料を求めて、大手塗料会社や有名オートバイアフターパーツ会社など7種類を試してきました。しかし、どれもこれも焼却炉の様に白っぽくなってしまい「純正色に近い」という合格点には程遠い仕上がりでした。

塗料探しも本日で終わりです。今回は純正色に限りなく近いスプレー塗料を紹介します。

スポンサーリンク

ついに見つけたマフラー純正色の塗料

ついに見つけたのがこれっ!

「ソフト99 耐熱ペイント ブラック」です。

純正色に限りなく近い艶消しブラックに仕上がります。

塗装までの作業手順

手順は下記の通りです。
①グラインダー・ワイヤーブラシ等で錆を落とし、下地を整えます。
②耐熱塗装。
③乾燥させて、終了。

さてこちらに用意しました、程よくサビたマフラーが一つあります。

ぷしゅっ!と吹きかけると、あら不思議♪

マフラーが新品になりました♪
d(*'-'*) ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

少し言い過ぎましたが、純正色と遜色ない満足のいく仕上がりとなります。

乾燥が終わると写真の状態になりました。

その他の作業

ステップはお徳用スプレーにて

綺麗になり!?

ホイールにもプラサフを

吹き付けて完了。

「プラサフとは…」

プラサフは、サフェイサー(中塗り)とプライマー(下塗り)の、両方の役割を兼用する下地塗料です。
細かな傷を埋めて表面を滑らかに整えるほか、下地色を一定にすることで、上塗りをムラなく仕上げるというサフェイサーとしての効果にプラスして、鋼鈑との付着性を高めるというプライマーとしての効果も併せ持っています。

「ぺいんとわーくす http://www.paint-works.net/」より引用。

…と、ありますが、「傷埋め効果」を期待してはいけません。

スイングアームとカバー類にも

プラサフを吹きかけました。

このまま15~20分ほど乾燥させると触れるまでになる…かも?

車内に持ち込み、4~5時間乾燥させて本日昼の作業は終了。

プラサフ後のペーパー掛け エポ リフレッシュ作戦 4日目(夜)
つまらない作業ですが、プラサフ後のペーパー掛けをお送りします。 儀式の様になっていますが、プラサフの後に1000番~2...
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA