破れた障子の張替え修繕を自分でやりました。

20120209034937c8e

破れてみすぼらしくなった障子の張替えを行いました。

購入した障子紙はアイロンで簡単に張ることができるという、プラスチック障子紙です。

張り替え手順

20120209034956738

1.古い障子紙を剥がします。綺麗にはがれず紙が残っている部分には濡れ雑巾でこすると綺麗に取ることができます。
この作業中に初めて気がついたのですが、我が家の障子サッシはアルミ製でした。

20120209035009cca

2.新しい障子紙を適切な大きさに切り取り、枠に貼り付けます。

今回は貼り付けにアイロンを使います。熱く熱したアイロンを使いましたが、全く障子が張り付きません。恐らく障子の枠がアルミ製であるため、アイロンの熱がうまく伝わらず、接着剤となるプラスチックが融けないのでしょう。

2012020903502520a

ホームセンターへ走り、障子のりを買ってきました。トウモロコシから作られたデンプンのりです。

201202090350378c8

3.障子のりを少量のみずで溶き、障子の枠にのりを塗りつけます。

20120209035109c9c

4.障子紙を枠に貼り付け、余分な紙をカッターナイフと定規を使い切り取ります。

5.障子紙にしわや弛みが目立つようなら、霧吹きで軽く水を吹き付けておきます。乾燥すると綺麗にしわが取れます。

2枚とも張り終えました。片面はプラスチックでコーティングされており枠に張り付かない為、紙面側をのりと接着させました。

20120209035130257

あとがき

今回は障子枠がアルミ製であったためアイロンでは貼り付けることができませんでした。木製の障子枠であれば、説明書き通りアイロンで貼り付けることができるのでしょう。

古い障子紙を綺麗に取り除く作業が面倒ではありますが、それ以外の貼り付け作業はとても簡単で1時間足らずで済む作業です。

家庭でのご主人の株も上がること間違いなし!ご自身で障子張替えいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA